Blog

  1. HOME
  2. ブログ
  3. 実際の作業風景
  4. 【神奈川県横浜市中区】浴室水栓の不具合依頼(金額18,036円)

【神奈川県横浜市中区】浴室水栓の不具合依頼(金額18,036円)

【神奈川県横浜市中区】より浴室水栓の不具合依頼が入りましたので現場へ伺いました。


↓こちらから予約状況を確認できます

【神奈川県横浜市中区】浴室水栓の不具合依頼

早速現場へ伺うと浴室水栓の現場を確認しました。

浴室水栓の不具合ということで水栓を確認したところ、温度調整が不安定となっていました。他の水栓温度には異常はありませんでした。

近年浴室水栓に利用されているサーモスタット水栓でしたので、内部の部品を交換する事で解消できると判断。

温度調節部分の部品を取り外し交換作業に移ります。

サーモスタットの部品交換し完了しました。温度調節も問題なく正常化されたことを確認しました。今回の作業時間は30分で完了しました。

料金:18,036円(税込)

サーモスタット水栓で温度が変わらない場合の原因

出典元:TOTO

今回の【神奈川県横浜市中区】の浴室水栓の不具合のようにサーモスタットタイプの水栓でお湯の温度が不安定であったり、温度が変わらない時はほとんどの場合、温度調節ユニット(サーモユニット)が故障している可能性が高いです。

原因としては温度調節ユニット内部のバルブの動きが悪くなることにより起こります。つまり、

・経年使用によるグリス切れ
・パッキンの経年劣化
・バルブの腐食

などが主な原因となります。また、バルブの腐食に関しては井戸水を使用されていると起こりやすいです。ではサーモスタット水栓の寿命はどれくらいなのでしょうか?

サーモスタット水栓の寿命は!?

サーモスタット水栓の寿命はおよそ10〜20年ほどだといわれていますが、当然使用状況によって長くもなりますし短くもなります。

【サーモスタット水栓の正しい温度調節知識】

給水温度は「夏は温かく」「冬は冷たく」というように季節によって一定ではありません。このため給水温度の変化に連れて、吐水温度がハンドルの温度表示とズレることがあります。この場合、給湯器の設定温度を「夏は低く」「冬は高く」調節していただくことでズレが少なくなり、いつでも快適にご使用いただけます。

引用元:http://s-yassan.xsrv.jp/zu/BF-HW156TSD-s.pdf

つまりその季節によって設定温度を変化させる事も大切であるという事ですね。また、メンテナンスをこまめに行うことで、温度調節の不具合などを予防することは可能です。

例えば、内部部品であるパッキンなども同時に劣化していきますので、ある程度の年数を機会に買い替えを行うことも考えておくといいでしょう。

そしてバルブトラブルや部品の破損などによっても吐水される湯水の不具合につながります。いつも何か違う!?と少しでも感じた場合は当社(住まいるレスキュー)のような水回り専門の業者にご相談いただく事で解決する場合が多いです。

お気軽にご相談ください。

【神奈川県横浜市中区】で浴室水栓・トイレ・キッチンのつまりなどのトラブルなら住まいるレスキューへ!

東京、関東(埼玉県・千葉県・神奈川県)の洗面排水・トイレ・キッチンのつまりなら住まいるレスキューへご依頼ください。経験豊富なスタッフが親身になって対応させて頂きます。

また、浴室水栓・トイレ・キッチンのつまりや水漏れ以外にも様々な住まいのトラブルに対応しております。

何かお困りのことがあれば、お気軽に当社(住まいるレスキュー)へご相談ください。

料金表一覧はこちら


↓こちらから予約状況を確認できます

  • コメント ( 0 )

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。

関連記事

Twitter

Category

archive

↓こちらから予約状況確認できます

電話でのご予約はこちらをタップ!