Blog

  1. HOME
  2. ブログ
  3. バストラブル
  4. 【東京都港区】浴室水栓本体の交換をしてきました!

【東京都港区】浴室水栓本体の交換をしてきました!

【東京都港区】より浴室水栓本体の交換依頼が入りましたので現場へ伺いました。

【東京都港区】浴室水栓本体の交換

【東京都港区】のお宅へ伺うと浴室水栓が水漏れの為、交換を希望されましたので交換作業に移りました。

古い浴室水栓本体を取り外し、新しい浴室水栓本体を取り付けました。

作業時間は40分で完了いたしました。

浴室水栓の種類ってどんなものがある!?

最近の浴室水栓に使われるものの多くは、”サーモスタット混合水栓”が主流になりつつあるのですが、それ以外にも浴室水栓には色々な種類の水栓があります。

他にどのような浴室水栓のタイプがあるのかを紹介してみたいと思います。今でも使える混合水栓としては大きく分けて、

ツーバルブ混合栓(デッキタイプ・壁付けタイプ)

シングル混合栓(壁付タイプ)

サーモスタット混合栓(壁付けタイプ・デッキタイプ)

の3種類があるかと思います。

ツーバルブ混合栓(デッキタイプ・壁付けタイプ)

昔懐かしのタイプと言えるかもしれませんね。

ツーバルブ混合栓は「湯」と「水」の2つのハンドルで、

・「温度」
・「流量」

を調節する湯水混合栓になります。

水栓自体のしくみは、単水栓と同じで自分で調整する面倒さはありますが混合栓の中では比較的壊れにくいタイプでもあるのです。

※デッキタイプ : 水栓本体に台が付いているもの

シングル混合栓(壁付タイプ)

1つのレバーハンドルで、

・吐水
・止水
・湯水量調整
・流量調節

ができるので大人から子供まで簡単に利用することが出来るのがシングル混合栓のメリットですね。また、レバーハンドルと連動したカートリッジにより、湯水の開閉を調節する仕組みになっています。

カートリッジは経年劣化により交換する必要もあります。

サーモスタット混合栓(壁付けタイプ・デッキタイプ)

最近の新築の多くにサーモスタット混合栓は取り入れられていますよね。基本的にお風呂場では給湯器の、

・給湯温度
・水圧

などが突然変化したとしても、吐水温度を一定に保つ必要があります。このサーモスタット混合栓は自動温度調節機能が内蔵されているので、それが可能になります。

仮に給湯温度や水圧が変化したとしても、給湯器からの湯水を一定温度に保つことが出来るのです。

かなり優れていますね。

浴室の混合水栓1つをとってみても色々な種類がありますね。先ほども書きましたが、最近はサーモスタット混合栓はかなりメジャーな混合水栓になっています。

もし、貴方のお宅の浴室水栓も交換したいと考えているのであれば、ぜひ当社(住まいるレスキュー)にご相談くださいませ。

【東京都港区】で浴室水栓・洗面排水・トイレ・キッチンのつまりなら住まいるレスキューへ!

東京、関東(埼玉県・千葉県・神奈川県)の浴室水栓・洗面排水・トイレ・キッチンのつまりなら住まいるレスキューへご依頼ください。経験豊富なスタッフが親身になって対応させて頂きます。

また、浴室水栓・洗面排水・トイレ・キッチンのつまりや水漏れ以外にも様々な住まいのトラブルやリフォームにも対応しております。

何かお困りのことがあれば、お気軽に当社(住まいるレスキュー)へご相談ください。

料金表一覧はこちら


↓こちらから予約状況を確認できます

関連記事

【公式】YouTubeチャンネル

Twitter

Category

archive

↓こちらから予約状況確認できます

電話でのご予約はこちらをタップ!