Blog

  1. HOME
  2. ブログ
  3. キッチントラブル
  4. 【東京都中央区】台所水栓の本体交換でガタツキを改善!

【東京都中央区】台所水栓の本体交換でガタツキを改善!

【東京都中央区】より台所水栓から水漏れしているとのことで修理の依頼が入りました。台所水栓の水漏れはこれまでにもたくさんのお宅からご依頼いただいています。


↓こちらから予約状況を確認できます

【東京都中央区】台所水栓からの水漏れの依頼

【東京都中央区】のお宅へ向かい台所水栓の水漏れの状況を確認いたしました。現場の状況としては、台所水栓本体がガタついており、本体隙間から下の収納内へ漏水している状況。

ガタツキを直すために、増し締めの作業を行いましたがガタツキが改善されなかった為、水栓本体の交換を行いました。

今回の台所水栓本体交換にかかった作業時間は45分

台所水栓がガタつく場合の原因と対処法

今回の【東京都中央区】のお宅の様に台所水栓(蛇口)がグラグラとグラつく多くの場合、水栓の固定部分の緩みが原因です。

固定部分は二つあり、次に紹介する部分のビスの緩みが原因と考えられます。

①:台所水栓本体横から固定するビスの緩み
②:台所水栓の取り付け台座のビスの緩み

①台所水栓本体横から固定するビスの締め方

台所水栓本体の下部側面に”丸いキャップ”があり、そのキャップを外すとビスが現れます。
出典元:TOTO

そのビスを締めて台所水栓本体のガタツキが改善すれば、このビスの緩みが原因です。非常に簡単なので、まず水栓がガタついている場合は初めに行ってみて下さい。

※注意※
水栓のビスは六角レンチでないと締め付けができません。もし、お手元に六角レンチが無ければ、100円ショップで購入できます。

②取り付け台座のビスを締める方法

水栓本体横にあるビスを締めたのにガタつきが直らない場合は、台座のビスの緩みによるものが濃厚です。台座は一度、蛇口を外さないといけないものがあります。

その場合は当社(住まいるレスキュー)の様な専門業者に修理依頼を出して下さい。

※自分で修理できないこともないですが、一度接続部を外さなければならないのでお勧めはしません

また、蛇口のタイプによっても固定方法が変わってきますので、一度固定方法の仕様を確認する必要があります。

【メーカー別製品検索】

▶︎TOTO説明書検索

▶︎INAX説明書検索

▶︎KVK説明書検索

蛇口のタイプによってもビスの締め方は変わってきます。

ほとんどの場合は以下の2つのパターンになるかと思います。

・上面施工タイプ

・裏からナットで締め付けタイプ

ただ先ほども書きました通り台座は一度、蛇口を外さないといけないものがありますので、自分自身で修理する場合はある程度の経験と知識が必要になります。

取り外したのは良いけど、元に戻せなくなっては本末転倒です。台所水栓本体横のビスを締めてもガタツキが改善されない場合は、当社へご連絡くださいませ。

水栓がガタついたままの状態は水漏れの原因にもなりますし、【東京都中央区】のお宅の様に台所下の収納内へ漏水してしまう可能性も大いにあります。

早めの処置がトラブル解決に繋がります。

漏水調査・洗面排水・トイレ・キッチンのつまりなら住まいるレスキューへ!

東京、関東(埼玉県・千葉県・神奈川県)の漏水調査・洗面排水・トイレ・キッチンのつまりなら住まいるレスキューへご依頼ください。経験豊富なスタッフが親身になって対応させて頂きます。

また、漏水調査・洗面排水・トイレ・キッチンのつまりや水漏れ以外にも様々な住まいのトラブルに対応しております。

何かお困りのことがあれば、お気軽に当社(住まいるレスキュー)へご相談ください。

料金表一覧はこちら


↓こちらから予約状況を確認できます

  • コメント ( 0 )

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。

関連記事

Twitter

Category

archive

↓こちらから予約状況確認できます

電話でのご予約はこちらをタップ!