Blog

  1. HOME
  2. ブログ
  3. キッチントラブル
  4. 【東京都葛飾区】台所水栓の不具合依頼!本体交換により解決!

【東京都葛飾区】台所水栓の不具合依頼!本体交換により解決!

【東京都葛飾区】より台所水栓の不具合があるとの事で現場に向かいました。台所水栓の不具合は水回りトラブルの中でも多い事案であります。

【東京都葛飾区】台所水栓の不具合を解決!

【東京都葛飾区】のお宅へ訪問し早速、台所水栓の状況を確認したところ、下げ吐水式のシングル水栓を使用しており、スパウト部分が固まり全く動かない状況でした。

また、レバーを動かしたところ異音も出ていました。ここのお宅で使用している下げ吐水式の部品供給が現在無い為、水栓本体を交換することにより対応いたしました。

水栓の動作を確認後、水栓を取り外しました。

新しいシングルレバー混合水栓に交換し作業終了です。(作業時間45分

蛇口のスパウトが動かない(固い)場合の原因

使い始めはスムーズに動いていたのに、ここ最近何だか固くなってきたと思ったら蛇口のスパウトの交換時期かもしれません。

スパウト部分が固くなり始めると次第に全く回らなくなり故障します。スパウトの内部には水が流れていますので、

・水垢
・外部から侵入した水による水垢

などが出来やすくそれが原因で回りにくくなってしまいます。また、洗剤などもスパウトの隙間から内部に入ってきます。

水垢が付くのは台所なので仕方ないのですが、その状態であまり動かさずにいると、固くなり、ついには回らなくなってしまいます。

スパウト部分は適度に動かす事が大切

スパウト部分というのは、水栓から出る水の方向を変える重要なパーツでもあります。前項でも紹介しましたがスパウト部分には水垢がたまりやすいです。

水垢がたまりすぎると動かなくなってしまいますので、月に1回程度はスパウトを動かして接合部分が固着しない様にする事が大切です。

スパウト部分が固着してしまった場合、水栓を分解する必要もありますので、工具の使い方に慣れていない場合や水栓の構造がわからない場合は無理せず業者に頼むのも一考です。

また、シングル混合水栓の場合、レバーハンドル、カードリッジ、バルブは重要なパーツですので無理して力尽くで回さない様にしましょう。

力尽くで回してしまい故障してしまうと水漏れの原因にもなってしまいます。

【シングルレバー混合水栓の構造】

レバーハンドルとカードリッジを連動させ、バルブを動かすことで、

・湯と水の割合
・水量

をひとつのハンドルで調節できるようになっています。調節された水はスパウトを通って流れる仕組みになります。

漏水調査・洗面排水・トイレ・キッチンのつまりなら住まいるレスキューへ!

東京、関東(埼玉県・千葉県・神奈川県)の漏水調査・洗面排水・トイレ・キッチンのつまりなら住まいるレスキューへご依頼ください。経験豊富なスタッフが親身になって対応させて頂きます。

また、漏水調査・洗面排水・トイレ・キッチンのつまりや水漏れ以外にも様々な住まいのトラブルに対応しております。

何かお困りのことがあれば、お気軽に当社(住まいるレスキュー)へご相談ください。

料金表一覧はこちら


↓こちらから予約状況を確認できます

  • コメント ( 0 )

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。

関連記事

Twitter

Category

archive

↓こちらから予約状況確認できます

電話でのご予約はこちらをタップ!