Blog

  1. HOME
  2. ブログ
  3. トイレトラブル
  4. 【東京都江戸川区】トイレ詰まり解消の依頼を受けました!

【東京都江戸川区】トイレ詰まり解消の依頼を受けました!

【東京都江戸川区】よりトイレ詰まり解消の依頼を受けましたので現場へと伺いました。

【東京都江戸川区】トイレ詰まり解消の依頼!

【東京都江戸川区】のお宅へ伺うとつまりによって水が流れない状態になっていました。

原因は子供の流せるおしりふきを大量になしたことによるものでした。ローポンプ作業にて詰まりを解消致しました。

作業時間は15分でした。

”トイレに流せる”シリーズには要注意!

最近はいろんな「トイレに流せる〇〇」といった商品が販売されているかと思います。例えば、

・赤ちゃんのおしりふき

・トイレクリーナー

・猫砂

など本当に多くの流せるシリーズが販売されています。しかし、注意しておきたいのが、

本当に流しても大丈夫なのか!?

という点。

「いやいや、実際に販売されているものなんだし大丈夫でしょ」

と思ってしまいがちなのですが、全ての商品がトイレに流しても大丈夫とは言えない様です。

例えば、日本で販売されている商品は基本的には品質の高いものが多いですし、トイレットペーパーに関しては、トイレットペーパー工業基準法(JIS)という厳しい基準が設けられています。

しかし、トイレクリーナーなどのトイレに流せるシリーズに対しては「JIS」の様な基準が設けられていないのです。

という事は、本当は水に溶けにくいけどトイレには流せるよ…といった商品も中にはある訳です。

「トイレに流せるから…」

「水に溶けるらしいから…」

「商品にこう書いているから…」

といってトイレに大量に流してしまうと、今回の様に予想していなかった詰まりが発生してしまうこともあるのです。

その為、「流せるシリーズ」や「水に溶けるシリーズ」を購入する際は裏面に書いてある注意書きをよく読んでから購入する様にしましょう。

表紙には「水に溶ける」と書かれているのに、裏の注意書きを見てみると

「トイレに流さないでください」

と矛盾している様なビックリする商品もあります。我が家のトイレを詰まらせないためにも商品の注意書きはよく読んでおきましょう。

最近のトイレにも原因はある!?

最近設置されているトイレの多くは何もしなくとも節水できているトイレになっています。一昔前のトイレだと一回”大”を流すにつき10リットル以上も水を流していました。

しかし、最近のトイレは”大”で流したとしても5リットル程度の便器が多いです。その為、先ほど紹介した様な「流せるシリーズ」や「水に溶けるシリーズ」のペーパーを流した場合、十分に水に溶けることなく排水管に流れていってしまう可能性があります。

便器の排水に詰まるだけであれば、今回の【東京都江戸川区】のお宅の様にローポンプのみの作業で詰まりを解消する事はできますが、排水管に詰まってしまった場合は、もっと大掛かりな作業になってしまう可能性もあります。

そういったことも理由としてありますので、

・「流せるシリーズ」

・「水に溶けるシリーズ」

を購入の際は、大量のペーパーを1度に流すことのない様にしましょう。

それでもトイレが詰まってしまった場合は、当社(住まいるレスキュー)の様な水回り専門の業者に依頼していただければと思います。

【東京都江戸川区】で洗面排水・トイレ・キッチンのつまりなら住まいるレスキューへ!

東京、関東(埼玉県・千葉県・神奈川県)の洗面排水・トイレ・キッチンのつまりなら住まいるレスキューへご依頼ください。経験豊富なスタッフが親身になって対応させて頂きます。

また、洗面排水・トイレ・キッチンのつまりや水漏れ以外にも様々な住まいのトラブルに対応しております。

何かお困りのことがあれば、お気軽に当社(住まいるレスキュー)へご相談ください。

料金表一覧はこちら


↓こちらから予約状況を確認できます

  • コメント ( 0 )

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。

関連記事

Twitter

Category

archive

↓こちらから予約状況確認できます

電話でのご予約はこちらをタップ!